トップページ

更新情報・お知らせ

とうロボとは

「東海地区交流ロボコン」を略して「とうロボ」といいます。「日本のロボコンを強くしていく」という目標のもと、東海近辺の大学や高専が集まり互いに競い合いロボコン技術を向上させるための大会です。

大会内容は「NHK学生ロボコン」に似せてあり、より実戦的な大会となっています。大会後には技術交流会も設けられており、ロボコンについての情報や技術を交換し合うことにより技術レベルの向上を図ります。

大会概要

大会名称 東海地区交流ロボコン2019
競技名 橋をかける機械
開催日時 2019年8月31日(土)12:00
会場 岐阜大学体育館
運営 名古屋工業大学ロボコン工房
豊橋技術科学大学ロボコン同好会
岐阜大学ロボコンサークル
協賛 株式会社バッファロー様
ローランド ディー.ジー.株式会社様
協力 日本圧着端子製造株式会社様

2019年度の競技—橋をかける機械—

赤対青に分かれての対戦形式で、ロボットが「橋掛け」を行います。

作るロボットは1台です。フィールド上には10個の球が転がっており、まずロボットはそれを拾います。次にロボットは橋を持ち運び2つのゾーンの間に橋を架けます。橋の上を移動した後、球をゴールにいれると「Vゴール」で勝利です。試合は最長3分間です。

この競技では玉の回収や橋架けなど様々なミッションが皆様に与えられ、試合のみならずロボットの設計段階から戦略を問われるでしょう。

皆さんが素晴らしいアイデアと技術で、橋架けロボットを作ってきてくれることを期待しています!

試合結果

予選トーナメント

決勝リーグ

NRP-B ポヨパチ★ロヨヨンズ そして
なによりも
3位長岡技術科学大学
NRP-B
0-V(1:17)
×
100-V(1:37)
×
優勝豊橋技術科学大学
ポヨパチ★ロヨヨンズ
V(1:17)-0
V(1:53)-80
準優勝豊橋技術科学大学
そしてなによりも
V(1:37)-100
80-V(1:53)
×

公式Twitter

公式YouTube

外部リンク

協賛・協力

開催会場

その他